マテルネのコンポートとは?

コンポートとは、果物を丸ごと、もしくはカットしてから、水や薄い砂糖水等で煮て作られるヨーロッパの伝統的な果物の保存方法です。煮汁にシナモンやバニラ等を加えることもあります。

ヨーロッパではジャム(コンフィチュール)同様に、家庭や農家でも親しまれています。通常、朝食やデザート、メインディッシュの付け合せなどとしてそのままいただきますが、ヨーグルトのトッピングやお菓子づくりなどにもつかえます。

ジャムとの違い

通常、保存食であるジャムは果物と同等の砂糖の量を使用するため、果実含有量は約50%であるのに対し、マテルネ・コンポートの果実含有量は約60~90%と非常に高い事が特徴です。そのため、糖度も約20~40度と超低糖度。濃縮果汁ではなくあえて砂糖を使用することで、果実の持つキレのあるおいしさと甘さを生かしています。

また、日本では、200g(可食部分150g)の果物を毎日とることが推奨されています。厚生労働省の統計によりますと、ほとんどの世代で果物の摂取が不足しています。コンポートは低糖度であることからもお分かりいただけるように、ジャムに比べ甘さ控えめのため、果物を食べるようにそのままでお召し上がりいただけます。 » 食事バランスガイド

「コンポートの召し上がり方」へ

「製法のこだわり」へ



PAGE UP