コンポートのマテルネ・フルーツについて

野菜と果物は生きていく上で必要な栄養分を豊富に含む食料として広く知られています。近年では、野菜と果物を1日に一定量摂ることで、病気にかかりにくくなるとの研究報告も出ています。
果物には、多くの水分、ビタミン、カリウムが含まれ、その抗酸化作用力が注目されています。
平均摂取量が減少している各国では、積極的に野菜と果物を摂取するよう、さまざまな活動が行われてきました。日本では、200g(可食部分150g)の果物を毎日とることが推奨されています。

さらに栄養価の面だけではなく、果物は世界各地で物語や神話に登場し、ことわざや言い伝えなどにも古くから登場し、人と密接な関係にあったことがわかります。



PAGE UP